パルミジャーノ・レッジャーノ理想の食材

パルミジャーノ・レッジャーノは、その独特の食感、アロマ、他にはない味わいをもつ素晴らしい食品です。かち割って、フレッシュフルーツやドライフルーツのお供に、またはバルサミコ酢をかけていただくのが最高です。また、料理の味と香りを引き立て、スープやサラダ、セコンド・ピアットを豊かにするのに欠かせない食材です。

パルミジャーノ・レッジャーノは食卓に欠かせない完成された食品です。活力とバイタリティーを必要とする現代のライフスタイルでバランスの良い食事を取るのに、最適でおいしい食品といえるでしょう。

パルミジャーノ・レッジャーノをアペリティーヴォで

パルミジャーノ・レッジャーノ(メッザーノ1年熟成)はかき割って、セロリやプチトマトのような新鮮な生野菜と一緒に美味しくいただくことができます。

また、キウイやアプリコット、メロンなど少しだけスパイシーなチャツネと組み合わせることによって、デリケートな味とコントラストを引き出すことも可能です。

辛口の白ワインと一緒にいただきます。

パルミジャーノ・レッジャーノをプリモ・ピアットで

2年間熟成されたパルミジャーノ・レッジャーノは、大半のイタリアの伝統的パスタ料理と合います。また皮の部分をミネストローネなどのスープと一緒に煮込んで頂くと、格別な深みのある味わいになります。

 

 

パルミジャーノ・レッジャーノを肉や魚と

24~28ヶ月熟成されたパルミジャーノ・レッジャーノは、セコンド・ピアットを豊かな味にする格別な一品です。ビーフや魚のカルパッチョ、またはローストビーフなどの上に薄く削って、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを数滴たらして一緒にいただきます。熟成されたパルミジャーノ・レッジャーノは、軽めの赤ワインとも、ある程度ボディのしっかりした赤ワインにもよく合います。

 

 

パルミジャーノ・レッジャーノを野菜と一緒に

パルミジャーノ・レッジャーノはエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを振りかけた新鮮な野菜サラダによく合います。

どのような野菜料理にも美味しく用いられる材料で、茄子のパルミジャーナのような伝統的なイタリア料理にも用いられます。

 

 

パルミジャーノ・レッジャーノをフルーツで


18ヶ月熟成させたパルミジャーノ・レッジャーノは、りんごや洋ナシなどフレッシュフルーツとお楽しみください。熟成したパルミジャーノ・レッジャーノは、イチジクなどのドライフルーツやへーゼルナッツやくるみなどのナッツ類と相性がよく、ドライプルーンとは最高の組み合わせとなります。

 

 

 

パルミジャーノ・レッジャーノをイタリア伝統のバルサミコ酢を添えて


熟成したパルミジャーノ・レッジャーノを大きめにかち割り、モデナまたはレッジョ・エミリアの伝統のバルサミコ酢を数滴たらしていただくと究極の味わいとなります。